令和3年3月13日(土)より
兵庫県立三木山森林公園 森の文化館展示ホールにて

「野生動物のはく製展」

を開催しています。

DSCN0700

兵庫県森林動物研究センターからお借りした、
県内に棲息する野生動物のはく製を展示しています。
詳しい動物の解説も一緒に展示してありますので、ぜひお立ち寄りください!

展示期間:3月13日(土)~3月28日(日)(水曜休館)
展示ホール開館時間:10:00~17:00


沈丁花の香りが漂いだした令和3年3月14日(日)、
兵庫県立三木山森林公園 車庫倉庫にて
イベント「春の恵みで草木染め」を開催しました。
このイベントは予約開始日にすぐに締切になりました!
皆さん、ご予約ありがとうございます。
P3146705

講師は三木山サポーターグループ「草木染めたんぽぽ」の皆さん。
身近にある植物を使って、草木染め体験をしてもらい、
草木染めに関心を持ってもらいたいと、このイベントを企画されました。
今回はヨモギで染めます。どんな色に染まるか楽しみです!
P3146710














            
         「草木染め たんぽぽ」の皆さん

染色についての説明後、布地の糊を落とし、ハンカチに模様(絞り)をつけるため、
ビー玉やペットボトルの蓋などで、細工しました。どんな模様がでるのかな?
P3146726P3146724








事前に講師の皆さんが用意してくださっていたヨモギを煮出した液を
各グループごとにたらいに分け、冷めないよう、講師の安随さんが
調整してくださいました。
P3146732















その液にミョウバンを入れていきます。これは媒染(ばいせん)という作業で、
植物で煮出した色素と布地の繊維を結びつける役割があります。
これをすることで、発色させ、色落ちを抑えることができるんです。
P3146730
















ミョウバンを入れた液に布地を漬けて染み込ませていきます。
子ども達はヨモギ独特の香りに「なんだこの匂い~」と戸惑っていました(笑)
P3146737




















P3146741P3146752







「もうすこし、しっかり漬けて。」と、たんぽぽさんからアドバイスを
もらいながら、ツンツンツンと棒で押さえ、染み込むのを待ちました。

20分程、液になじませたら、水でゆすぎ、絞りの細工を外し、乾かせば完成です!
P3146765















P3146766
















同じ液を使っても、一枚一枚微妙に色が違ってくるのも草木染めの魅力。
「宇宙で一つだけの自分の色。優しい春色が染めれたね」と講師の安随さん。
P3146775















          絞りもキレイに入っています!

自然の恵みの「色」をいただき、今回作成した自分だけのハンカチ(バンダナ)。
是非使って、楽しんでくださいね!
ご参加いただいた皆さん、ご指導いただいた三木山サポーターグループ
「たんぽぽ」
の皆さん、ありがとうございました!

園内のサンシュユが満開となった令和3年3月6日(土)、
兵庫県立三木山森林公園 イベント広場、大芝生広場にて
イベント「楽しく学ぼう 愛犬のお散歩マナー」を開催しました。

三木山森林公園ではペットと一緒に楽しくお散歩されている方が
多い公園です。そういった皆様に様々なゲームを楽しみながら
散歩時のマナーや必要なコントロール法を覚えていただこうというイベントです。

講師は兵庫県動物愛護センター三木支所職員の皆さん
最初の会場のイベント広場では、リードの持ち方やおすわりの
コツなどを教えていただきました。
R0001909














その後、イス取りゲーム開始です。
まず、模範犬の2匹がお手本を見せてくれました。
R0001916














音楽が鳴っている間はコーンの周りを回って・・・
R0001921














音楽が終わって、「おすわり」ができたら、飼い主さんはイスに座ることができます。
R0001934













R0001930













        きちんと「おすわり」できていますね!


大芝生広場に移動。移動中もマナーを守って歩かれていました。
P3066598
















ここでは2種類のゲームをします。
まず「拾って帰ろうゲーム」では、安全にフンの始末ができるよう学びます。
ハードルを飛び越えて、フンに見立てたゴングを拾って帰ってきます。
P3066626















     愛護センターの井戸下さんから説明をよく聞きます。

バーを怖がっていたワンちゃんもいましたが、上手に飛び越えるワンちゃんも。
P3066634P3066629








R0001948R0001957






P3066653











このワンちゃんは講師のはからい(?)でハードルを高めに設定しましたが、
軽々と飛び越えていました!

中にはこんな風景も。おやつで誘導。
P3066622















          おーい。飛び越えてよ~。
               
P3066623















        う~ん・・・。あと少しなんだけど。

ハードルを越すと、フン(コング)の始末をします。
足でしっかりとリードを踏み、周囲に配慮しながら処理をすることが大切です。
P3066672
















もう1種類は、「スラロームリレー」
飼い主のそばから離れないように、名前を呼んだり、
おやつを使って視線を誘導させ、コーンやスラロームの間を歩きます。
R0001945












        愛犬とのアイコンタクトも大事。

おやつを上手につかいながら、誘導していきます。
P3066686















P3066635















P3066663
















最後に愛護センターの中田さんから、注意点や、よりもっとマナーや
しつけについて知りたい方への情報などを教えていただきました。
P3066691
















イベント終了後も、飼い主さん同士お話をしたり、園内を一緒に散歩されたりと
交流されていました。
P3066694















愛犬との散歩の際にマナーを守ることは、皆さん気をつけられていると
思います。今回こうやって実際にゲームを交えながら体験すること、
説明をうけることで、より理解を深めていただけたと思います。

三木山森林公園はこれから春の花盛り。
周囲の人、環境に気を配り、愛犬とのお散歩を楽しんでくださいね!

講師を務めていただいた兵庫県動物愛護センター三木支所職員の皆さん
推進員の皆さん愛犬&飼い主の皆さん
本当にありがとうございました!

次回は12月に防災時における愛犬との非難訓練を予定しています。
予約開始日や開催日等はHPや10月発行のイベントチラシでお知らせします。
是非ご参加くださいね!

↑このページのトップヘ