続いていた残暑もようやく和らいできた令和2年9月20(日)、
兵庫県立三木山森林公園 森の文化館多目的ホール&園内にて、
イベント「秋の昆虫観察会」を開催しました。

今回も十分感染対策をして参加者の皆さんをお迎えしました。
1















イベントの講師は公園の昆虫調査等のボランティアをしてくださっている
三木山サポーターグループ チーム64の皆さん。
今回は主に「秋の鳴く虫」について、教えていただきます。
どんな虫に出会えるのか楽しみですね。
昆虫の習性を観察するため、まずは採集に出かけますが、
その前にバッタ、キリギリス、コオロギの違いや、
捕まえ方、野外の活動で気を付けることなどのお話を聞きました。
DSCN04942









外に出ると、一斉に虫探し開始!
どこにいるかな~?
RIMG5452












みんなが手に持っている竹の筒は「虫吹き」という昔ながらの虫を捕まえるための道具。
虫の習性を利用して捕まえることができます。
R0001625DSCN0508








サポーターさんからアドバイスをもらいながら、どんどん捕まえていきます。
DSCN0514















R0001630DSCN0524








          「この、りりしいお顔の虫は?」
DSCN0512















           「エンマコオロギ!」                 


捕まえた虫は蚊帳の中に放ちます。
蚊帳の中にはミニ草原が。そこに虫を放ち、どんなところに隠れるのか、
どんな葉っぱを食べるのかなど習性を観察します。
DSCN0532RIMG5460








蚊帳の中に入ると、サポーターさんが虫の持ち方や特徴を具体的に教えてくださいました。
DSCN0558RIMG5474







DSCN0565















      「今日、虫をさわれるようになったよ!」                 

部屋の中では、ケースにいれた虫を観察しました。
いい声で鳴いている虫もたくさんいましたね。
飼い方もサポーターさんから教わりました。
DSCN0554















        「鳴く虫って、たくさんいるんだね。」      
        
DSCN0543DSCN0540







DSCN0541DSCN0547







サポーターさんから、鳴く虫の種類や特徴、飼い方、その他
色々なことをこのイベントで教わりました。
虫を怖がっていたお子さん達が虫と仲良くなって帰っていく姿を
見ることができるのもこのイベントの醍醐味です。

虫の声を鑑賞する文化は日本の他には中国くらいで、世界的に珍しいそうです。
昔から自然とともに暮らしてきた日本人ならではの感性なのですね。
10月1日は中秋の名月です。
月を愛でながら、是非、虫の声に耳を傾けてみてくださいね。

参加していただきました皆さん、
三木山サポーターグループ チーム64の皆さん、
ありがとうございました!


※兵庫県立三木山森林公園では昆虫やメダカ・植物など、動植物の採取を禁止しています。
 この日は公園主催のイベントのため特別に許可しています。
 このイベントで採取した昆虫は全て放虫しました。

兵庫県立三木山森林公園 森の美術館にて
「特別企画展 追悼 小林欣子展(糸あやつりの章、海の章)」
を開催しています。

DSCN0448

このイベントは三木山サポーター「NPO法人 森の風美術館支援組織」の
皆さんが企画・実施をしてくださっています。

三木山サポーター「NPO法人 森の風美術館支援組織」の代表や、
日展会友で美術団体「東光会」の審査員などもされていた小林欣子さんの、
人物画や静物画など様々な作品が飾られています。

DSCN0452



展示期間:8月27日(木)~9月22日(火) (水曜休館)
森の美術館開館時間:10:00~17:00

となっております。


ぜひ、お立ち寄りください♪

連日の猛暑が続く、令和2年8月22日(土)、
兵庫県立三木山森林公園 森の研修館研修室・中庭にて
イベント「草木染め体験」を開催しました。

移り変わる自然の色を染めていくのが魅力の草木染め。
通常、植物を煮出して染めていくのですが、この時期にしかできない
タデアイでの生葉染めを体験してもらいたいと
今年も三木山サポーターグループ 草木染めクラブ ヤマモモ
皆さんが企画してくださいました。

予約受付開始後、直ぐに満員になったこのイベント。
今回も感染防止対策をしてスタッフが参加者の皆さんを出迎えました。
P8225478

草木染めクラブ ヤマモモの代表 三宅さんより、作業工程について話をききます。
ちなみに、三宅さんの着ているTシャツも藍染です。素敵ですね!
P8225510


まず、アイの葉を、茎からちぎっていくのですが・・・
このタデアイはサポーターの皆さんがイベントのために毎日世話をし、
育て、今朝、収穫してくださったもの。鮮度が大切なのです。
R0001563

この葉っぱからどんな色がでるのかな。頑張って、ちぎっていきますよ。

P82254981










そして、机の上に並べられた木の板やビー玉・割り箸・ペットボトルの蓋で
絞り(模様)をつけていくのですが・・・
R0001599P8225512








どんな模様になるのかは、後でのお楽しみ。
P8225515P8225520









サポーターさんがちぎった葉をミキサーにかけ、漉し、布地の素材に合わせた染液を
作ってくれました。
P8225546

急いで液につけていきます。時間をおかないことがポイント。
この時点では濃い緑色です。
P8225534R0001585








充分浸かったら、さあ、水洗いしていきますよ~。
P8225545P8225544









インディゴのブルー!!
綿ハンカチが藍色に染まりました!
P8225543


こちらはシルク。涼しげな淡いブルーです。
P8225547


次々と中庭に夏色の作品が並べられていきます。それぞれの絞りも個性的。
R0001603


絞りは、あの木の板やビー玉・ペットボトルの蓋で作ったものです。
上手くできていますよね。
P8225563


夏の木漏れ日の下で、フワフワと風に揺れる素敵な皆さんの作品。
乾くまで心地よい時間が流れました。
P8225574


空気に触れることで、酸化して発色するのですが、「同じ素材、材料で染めても
一人一人、少しずつ色が違うのが面白いね」と、参加者さん。
P8225571P8225572










植物から自然の色をいただくということ、
これも森(自然)の恵みの一つ。それを感じていただけたと思います。
今回、小さなお子さんから大人の方まで楽しめるよう
力を尽くしていただいたサポーター ヤマモモの皆さん
暑い中、参加していただいた皆さま、
本当にありがとうございました!

↑このページのトップヘ